本日こどものまちCBT稲毛を小中台地域福祉交流館にて開催いたしました!
1月から小学生のコアスタッフを募集し、何度も実行委員会を重ねてきたまちづくり
ほんとに本日を迎えられたことに感動!
実行委員として関われてとても貴重な体験をさせていただきました。
1回目の様子はこちら

このこどものまちは海外でスタートしたプロジェクト
千葉市ではきぼーるで毎年開催しています。
こんな感じです!
きぼーるで開催している仲間たちが、それぞれの地元で開催を始め、花見川区・若葉区・稲毛でも開催することになりました。来週はおゆみ野でも!
簡単にお仕事体験できる商業ベースのものとは違って、子どもたちが企画運営に携わります。
大人たちはその様子を見守り・・・
本当に大丈夫か???と何度も何度も子どもたちに任せることに不安になりましたが・・・
でも
小中台地域福祉交流館に100人の子どもたちが集まり見事な子どものまちが出来上がりました。
会場には公共の仕事(おまわりさんや職安)、食べ物やアクセサリーのお店。遊びの体験ができるお店などなど子どもたちが考えた仕事やお店がたくさん。
20分働くとお給料がもらえ、(通貨はコロンというここだけの通貨)全て子どもたちの話し合いで完成した町です。
もくもくとお仕事をしている子どもを見ていて思ったのですが、
子どもって、人の役に立ちたい!がんばりたい!っていう気持ちをみんな持っているんですね。
私は「すごいね~」「ありがとう」の言葉を連呼するばかり・・・なんだか感動しちゃいました

我が子もコアスタッフとしていつもと違う様子がみられましたよ
意外とやれてるな~とビックリしました
家では片付けできないくせに、こんな場面ではやるじゃん!って感じです。

さあ、明日から長女が卒業記念の一人旅・・・
子どもの背中を見守るだけ・・・
嬉しいような寂しいような。
いつの間にか母の仕事は見守るだけ、祈るだけになるんですね

うちはまだバトルばかりの日常ですが
まだまだ子育てを楽しみたいと思います。

今日はたくさんの子どもたちの頑張りに心が温かくなった一日でした。
また来年、稲毛で会いましょう!またね!と全員が声をかけて解散となりました。
また来年!
一年生から参加できます。
小学校でチラシをもらったらぜひ!ご参加ください