私の尊敬する師匠マミ先生の講座案内です

まずはマミ先生の所属する家庭教育支援チーム こもんずの講座

「インターネット時代における子どもの安全」

10月3日(土)14:00~16:00

小中台公民館2階 講堂


無料です

申し込みは

konakadaicommons@yahoo.co.jp


マミ先生はスタッフで当日いますが、講師は
千葉県警察少年課少年センター 補導専門員の方

マミ先生からのメッセージ
いろいろな犯罪に巻き込まれる時代です
怖がるばかりでは、何も動けません

子どもに持たせるスマホなど

情報をまずは集めましょう

トラブルは、被害者だけでなく
加害者にならないために。。。
紙一重の子ども達、大人も知識をつけなければ

守れない



そして次はマミ先生が毎年行っている講座
私も2回受講済み
子どもの成長に合わせて、響く箇所が変わります。
今年も受講したいのですが、仕事と重なっています
私のお勧め講座でもあります
託児もありますのでご検討ください。
なお、毎年参加者が多いのと子どもに適した年齢のお話をされるため、参加対象は子どもが幼稚園入園後のお母さんになります。
おそらく参加者に余裕がある場合はマミーエンジェルに声がかかるかも?

家庭教育支援チーム・こもんず

【どう伝える?性の話】


絵本を使って親子で気軽に性の話を!

10月16日(金) 10:00~12:00

小中台公民館 2階講堂

駐車場には限りがあります

講師:水谷 麻未(子育て支援保育士)

対象:幼稚園~小学校3年生の保護者

参加費:無料(当日、会場にお越しください)

託児:10名(10/9までに、メールで申し込み。多数の場合は抽選になります)


メールにて申し込み: konakadaicommons@yahoo.co.jp

(メールには、①保護者名 ②お子さんの名前・年齢 ③連絡先を)



子どもは小さな哲学者で科学者
子どもってどうやって生まれてくるの?
どうしてお母さんのおなかに赤ちゃんができるの?
など質問してきます。
さあ、あなたならどう答えますか?

分からない人はぜひ受講しましょう


今日のつぶやき・・
今日のタロチャン

鉛筆を削りながら、僕は来年の自由研究の工作は鉛筆削りにする
この仕組みを解明する!とつぶやきながら鉛筆を削っていました

新品の鉛筆を全部削られたことがあります(1回ぐらい書かせて~

鉛筆削りでも不思議に見える子どもたち
こんな目線で毎日過ごしたらきっとワクワク楽しいだろうな~と思います。
ちなみにこんなタロチャン
赤ちゃんの時はなぜかおっぱいを飲みながらのけぞる
抱っこすると上に上に上る
道を歩くと石が落ちているたびに立ち止まって拾う
葉っぱがあるたびに立ち止まる
こんな子でした
嫌で嫌でしょうがない時もありましたが、全て好奇心だったのか!と今頃気が付きました。
まだまだタロチャンの好奇心に付き合って過ごしてみようと思います。