赤ちゃんカフェランチ担当のりちゃんが愛用して、私も3人目にして巡り合ったモーハウスの授乳服!
金具をいっさい使わないので歩きながら、保育参観や運動会でも授乳しながら参加していました
青山まで試着に行くのが大変で自分のために始めたモーハウスサロンたくさんの人が賛同してくれてランチができたりリフレができたりと地域のよりそいどころとして活動してきました。
エステ担当のれなちゃんが蘇我でもモーハウスサロンを始めるそうです
こうしてママたちの集う場所が増えるのってすごいな~と思います。
千葉市のモーハウスサロンは若草助産院でも開催されています

そんなモーハウスの代表ミツハタですが、去年はAPECで講演も
今や世界中で講演会を開いていますね。

今回の講演タイトルは
『ママが楽になればなるほど、赤ちゃんは幸せに。
~楽で有益な母乳の知識』

このタイトル、中国の方たちには、
「お母さんが楽をして幸せな子に育つなんて、あり得るの?」
という驚きの反応だったようです。

中国では...

▼気になる続きはコチラ。
ミツハタ おっぱい百話

今年は茨城県とモーハウス共同で、授乳や子育てに関するフォーラムをつくばで開きました。
大学の先生の研究で興味深いデータも出ましたよ~

授乳のためのケープですが、実は二酸化炭素濃度と湿度が3倍ほど上がるそうです。
この数値で大人がペットボトルから水分補給したら「息苦しい」などの感想があがったそうです。

うちの子は上の二人はケープは嫌がりました。
この数値をみてなるほど~と思ったしだいです・・・
3人目はモーハウスの授乳服に出会ったのでケープを使わず楽々授乳したのでケープが嫌だったかは分かりませんが・・
私はほんとに楽でした
ケープを使わずどこでも授乳できるので、授乳してることにも気づかれないし
私が楽だといろんなことに余裕がでて、子どもも快適に過ごせたなと今回の講演テーマをみて感じました