やっと10月の報告記事です
まだはっぴぃもアクティブも報告記事書けてませんね頑張ります
さてさて、来年の鑑賞作品を選ぶ会議です。
詳しい?冷静な記事はこちらに書きました
千葉北おやこみるあそぶ会ブログ  白熱した決定会議 

これって意外とすごいんです!
DSCN0631













司会がこんなだからじゃなく
みんな白熱して、1票に笑い、そして1票に泣くんです!
私は泣いた方ですが

私は30年以上も昔に観た(たぶん小1の時)劇団風の子の「2+3」という作品が忘れられないんです
たぶん小学校でみんなで鑑賞して、初めての観劇だったのかもしれません・・・

「2+3=5だけど・・5は2+3だけじゃない!」みたいなセリフを歌いながら小学生たちが主人公だったような・・・
詳しいストーリーを忘れてしまったのでもう1回観てみたいんです。
子どもたちと一緒に
あの時の衝撃と感動は今でも残っています

そんな思いもあり、ちょうどタロチャンが私と同じ年齢に「劇団風の子」さんに合わせてあげたいと切望し、涙ながらにアピール
しか~し・・・「独楽のおじさん」に負けましたしかも1票差で・・・

でも、幼児作品に「劇団風の子」さんが選ばれたので、そちらはジロチャン対象ですがタロチャンも連れて行ってあげようと思います。幼児対象なので本当は小学生作品でも
「劇団風の子」さんみたかったな~

でも、みんなのアピールを聞いて作品を見るのはとても楽しみになりました。
今年も来年も観劇を楽しみたいと思います。

自分一人の人生で経験できることは限られています。
だから本を読み、ドラマを視たり、映画を観たり・・・
生の舞台はまたすごいですよ
書き手の人生、役者の人生、演出の素晴らしさ、舞台芸術、みんなで笑ったり泣いたりの息遣いが伝わってきます。
また、運営や劇団の搬入搬出などもこなし、子どもたちも一緒にスタッフとして観劇会を運営します。
この一瞬に関われた仲間との時間も大切なものになります。

鑑賞会は会員でなくても参加できます(人気の作品はチケット売り切れの場合もあります)
開催が近くなりましたら、こちらのブログでも案内します。
子どもや赤ちゃんといっしょに鑑賞できるもの、親子ペア券があるものもあります

看板娘のマイミーとムツミンです
みんなを楽しませるエネルギーって素敵です
DSCN0634